ニキビ洗顔料を選ぶ

ピンク色の口紅

女性の肌トラブルの中でも、かなり深刻な悩みで治るのに時間がかかるのが大人ニキビです。 毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまって、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖することにより、ニキビができてしまいます。 ニキビケアの基本として清潔な肌になるためにも、ニキビ洗顔料選びはしっかりと行いましょう。 一日でも早くニキビを治すためには、アクネ菌の繁殖を抑える必要があります。 消炎作用や抗菌効果のある成分が配合されている、ニキビ洗顔料を選ぶと効果的です。 また、毛穴詰まりを解消するのは重要ですが、洗浄力が強すぎると肌を乾燥させてしまって、皮脂がたくさん出る原因にもなります。 肌に必要な皮脂は残してくれて、汚れだけを取ってくれる洗顔料が良いでしょう。

早くニキビを治したくて毎日行っている洗顔やスキンケアが、実は間違っていてニキビを悪化させてしまうことがあります。 毛穴に詰まった汚れなどを取り除こうと一日に何度も洗顔してしまうと、皮脂を奪いすぎになってしまって、肌の働きによって余計に皮脂が分泌されやすくなります。 ニキビ洗顔は朝と夜の二回だけにしておいて、丁寧に専用の洗顔料で洗うのが大切です。 汚れはきめ細かな泡が吸着して取ってくれるので、ニキビ洗顔料をたっぷりと泡立てて、こすったり力を入れたいしないようにして洗うのが良いでしょう。 また、すすぎでしっかりと泡を洗い流すようにして、ぬるま湯の温度は高すぎないようにしましょう。 お風呂で洗顔する時には、シャワーで洗顔しないようにしましょう。 シャワーの水圧はニキビ肌には刺激になってしまって、ニキビを悪化させたり乾燥の元になります。